イエローカードGETだぜ(黄熱予防接種証明書)


イエローカードとは、黄熱病の予防接種を受けたことを証明する、黄色の紙のことです。

ルワンダに渡航する場合、イエローカードがないとビザが発券されません。ルワンダ以外にも、中央アフリカや、南米などで必要となる場合が多いです。

青年海外協力隊では、派遣前訓練中に様々な予防接種を受けることになるのですが、黄熱予防接種は、接種後4週間は他のワクチン接種を受けることができないため、派遣前訓練に入る前に予防接種を受ける必要があります。


【黄熱病-YellowFever-とは】
アフリカや中南米の風土病。蚊を媒介として感染するウイルスで、潜伏期間は3~6日。
突然の発熱、頭痛、背部痛、虚脱、悪心・嘔吐で発症する。発症後3~4日で症状が軽快しそのまま回復することもあるが、重症になることもあり、最悪のケースでは死に至ることもある。人から人への直接感染はない。

【黄熱予防接種】
1回の接種で、接種後10日目から10年間有効。黄熱ワクチンの予防効果はほぼ100%。生ワクチンのため、発熱や筋肉痛などの副作用が起こる場合がある。

【感想】
注射は痛くない。ちょっと全体的に青タンみたいな感じでふくれてるけど、いまのところ、特に副反応も無く、いたって健康。

接種できる機関が限定されるため、住んでいる地域によっては、接種料だけでなく交通費もJICAが負担してくれます。ありがたい。
黄熱病の予防接種が受けられる機関はこちら

都内近郊だとけっこう選べるのですが、私は、土曜日も受診することができる「公益財団法人日本検疫衛生協会横浜診療所」で受診しました。東京診療所も八重洲にありますが、混みそうなので、横浜に。ここの場合、予約は前月1日から受け付けていて、先着順になります。

土日の予約は早く埋まっちゃうみたいなので、予防接種を受ける必要のある方は、早めに連絡することをおススメします。

なんだか、着実に訓練が近づいている気がする今日この頃です。
にほんブログ村 青年海外協力隊 ランキング参加中!1クリックお願いします☆彡
Next
Previous
Click here for Comments

2 コメント:

avatar

麻疹の予防接種は受けることにしたの~?
私も悩み中…

avatar

受けるよ~^^8月末の予定。訓練開始1ヶ月前までに生ワクチン打ち終わらないとだから、けっこうぎりぎりだけど(笑)