MacでUSB内のデータを削除する時の注意

備忘録。

MacでUSBのデータを削除しても実はデータが消えていないらしい。
通りでUSBの容量がなぜか増えないと思ってたんです。。(今頃気づくか。)


削除した後ぱっと見何も無いように見えますが、実は削除時に「.Trashes」という隠しファイルが作成されて、その中にデータが残ったままになっているそうです。


解決方法は2通り。

その1:Macのゴミ箱を空にする

USB内のデータを削除した後に、ゴミ箱の中身も空にすれば、「.Trasheds」も消える。


その2:隠しファイルを表示して、削除する

Windowsで隠しフォルダを表示させて削除すればOK。
(ドキュメント>整理>フォルダーと検索のオプション>表示>隠しファイル、…を表示するを選んでOKをクリックすれば、隠しファイルが表示されます。)

Macだと基本的に隠しファイルは表示されないので、 ターミナルからファイルを表示させないといけないみたい。ただ、「Command+Shift+.」で隠しファイルが表示できるとかできないとか。(私はできませんでした。。)

書き込みロックができるUSBがおすすめです。
BUFFALO USB3.0対応 USBメモリ スタンダードモデル 32GB グリーン RUF3-C32GA-GR


その1が無難ですが、ゴミ箱を一時ファイル的な扱いで使用している人はその2を使うといいかも。


にほんブログ村 青年海外協力隊 ランキング参加中!1クリックお願いします☆彡
Next
Previous
Click here for Comments

0 コメント: