備忘録:改行コード「LF」と「CR」と「CRLF」の違い

システム間の改行コードが違うのが原因でトラブったのでメモメモ。

普段あまり気にしていない改行コードですが、実は3種類もあるそうです。
「LF」「CR」「LF+CR」の3つ。全部改行コードなのですが、それぞれ元のニュアンスが違うそうです。


LF(Line Feed ラインフィード)

英語で、改行を意味する。カーソルを新しい行に移動すること。

CR(Carriage Return キャリッジリターン)

英語で、復帰を意味する。カーソルを左端の位置に戻すこと。

CR+LF

そのまま。CRとLFの融合。左端にカーソルを戻して改行すること。


タイプライターがもとの由来で、それをコンピュータにも適応させたと。
文字コードが同じでも改行コードが違う場合があるとか。ややこしいなぁ。
ひとつにまとめればいいのに。

また、OSによっても、改行コードが違うらしいです。

LF・・・UNIX系。Linuxとか。
CR・・・MacOS(バージョン9まで)とか。
CR+LF・・・Microsoft Windowsとか。

もっと改行コードについて知りたいという方、詳しくはWikipedia先生をご確認ください。

ちなみに、sakuraエディタを使うと改行コードがわかります。
CRLF : ↵
CR  : ←
LF  : ↓

この表記わかりやすくて良いな!
まぁ、普段生活している分には改行コードなんて、気にしなくても良いんですけどね。


にほんブログ村 青年海外協力隊 ランキング参加中!1クリックお願いします☆彡
Next
Previous
Click here for Comments

0 コメント: