英文各種証明書の準備

派遣国によっては、赴任の際に持っていかないといけない書類(赴任時携行書類)があります。

ルワンダの場合は、以下の2点が全ボランティア必須でな書類で、出国までに準備して、赴任後ルワンダのJICA事務所に提出する必要があります。


①警察証明書(犯罪経歴証明書)
②最終学歴の卒業証明書

その他に、職種によっては更に追加して証明書が必要な場合があるので、詳しくはJICAのHPを確認してみてください。両方ともちょっとめんどくさいので、余裕を持って準備したほうがいいと思います。(笑)



①警察証明書(犯罪経歴証明書)

これ、結構めんどくさいです。笑申請にはパスポートが必要なので、訓練後に受け取った公用旅券で各自で申請する必要があります。申請は自分の住民票がある都道府県の警察本部でないとできません。(これ結構厄介ですよね。どこでもできたらありがたいのに。。このために私は地元にとんぼ返りしました笑)

発行に大体1〜2週間ほどかかるみたいです。かなり重要書類のようで、明確な申請理由がないと警察の人に怪しまれるので要注意です。。ルワンダの場合は、現地で長期滞在用のビザを申請するときに必要のようです。ビザの申請書を入力して持って行くと、スムーズに申請することができます。
申請時に手の指紋10本全てとられます。はい、悪いことできません。まぁ、しませんけど。


②最終学歴の卒業証明書

これは、自分の卒業した学校のHPを確認しましょう。
英文で発行してもらう必要があるので、時間がかかる場合があります。ちなみに、赴任日以前、3ヵ月以内に発行されたものでないといけないので、私は訓練期間中に郵送で依頼しました。

さらにややこしいのは、派遣される職種に関係する修学経験または資格がない場合は会社に業務内容を記載した英文在職証明書を発行してもらわなければならないという点です。例えば、コンピュータ技術で派遣予定だけど、卒業区分が文系だった場合などが該当するみたいです。念のため、証明書発行依頼時に大学にBachelorを確認するのがいいと思います。


ってことで、無事に全ての携行書類が整いました。年末年始は役所がCloseで困る困る。
何事も早めが大事ですね。転出届もださないとなぁー。

にほんブログ村 青年海外協力隊 ランキング参加中!1クリックお願いします☆彡
Next
Previous
Click here for Comments

0 コメント: