女性が喜ぶルワンダのオススメお土産③:DOKMAIの革製品

勝手にシリーズ化しちゃった、ルワンダのオススメのお土産紹介。めでたく、シリーズ3回目。
その1:Ibabaの刺繍小物
その2:UMUTIMAの布製品

今回は、DOKMAI RWANDAという、ルワンダの革製品を扱っているお店。革とチテンジ(アフリカ布)をミックスさせた、商品を置いています。

財布やパスケースといった小物から、カバンなど大きなものまで。値段は小物類だと、$10からカバンだと$60とか$70とか。



場所がちょっとわかりづらいのですが、ガチュリロという、ニャルタラマのブリオッシュの前の道を少し進んで坂をちょっと登った所にお店があります。

革の色や布を選んでオーダーもできます。私は、オリーブ色の長財布をオーダーしました。約1週間で完成。約$30。こんな感じ、ドーン。




ルワンダ人は、マメで細かい作業が得意なので、かなり丁寧に作ってくれます。見た感じ、他のアフリカ諸国に比べて、クオリティ高いと思う。

DOKMAIはラオス語でDOK=花、MAI=シルクという意味だそうです。なぜラオス?と不思議におもったのですが、オーナー(Rwanda)が以前ラオスに住んでいたそうで。

革製品は、使えば使うほど、味がでてきて愛着が湧くので、大好きです。革製品は、育つ感じが好き。大切に育てていきたいなぁ。

にほんブログ村 青年海外協力隊 ランキング参加中!1クリックお願いします☆彡
Next
Previous
Click here for Comments

0 コメント: