プログラミングのワークショップをやりました。

同期隊員の矢野君の配属先の学校の先生から、コンピュータプログラムのワークショップをして欲しいという連絡をもらい、週末、初めてワークショップなるものをさせていただきました。

ICTクラブに所属する36人の生徒を対象に、”コンピュータプログラムを楽しもう!”というタイトルで実施。

Scratchというプログラムを使って、実際に簡単なゲームを作ってもらうことにしました。(Scratchは小学生から大人まで、アルゴリズムを遊びながら学べるよいツールなのです。)

1時間くらい遅れて始まるかな、と余裕かましてたら、まさかで、時間通りにほぼ全員が教室に揃うという事態が発生。(笑)これが隊員がいる学校のパワーか。矢野君の教育すばらし。

前日の大雨&停電でどうなるか不安でしたが、天気にも恵まれて、一度も停電することなく、集中した授業ができました。(すごいことなのよ、これ。)

アレンジしてくれた矢野君&CPのボスコには感謝です。特に、ボスコの生徒への積極的な呼びかけは、とても助かりました。


初めてのワークショップ。訓練所でやったスクリプトとか真面目に書いてみたり、生徒主体のアクティビティ考えてみたり、良い経験になりました。
自分でも驚くほど、全く緊張しなかったのは、学校の雰囲気とたくさんのサポートのおかげでしょう。学校の授業でちょっと慣れたのもあるかな。

生徒の様子見ながら、フレキシブルにできたのは、個人的に自分を褒めてやりたい。(笑)

先生からの要望ということで、とてもウェルカムな環境で、ルワンダでの、ICT教育やコンピュータプログラム教育の需要を強く感じることができる、とても良い機会でした。

めっちゃ勉強になりました。生徒達もまた来て欲しいと言ってくれたので、機会があればまた行きたいなぁーと思います。準備大変だったけど、やってよかった。


ルワンダ隊のみなさん、コンピュータプログラムのワークショップ、呼ばれたらどこにでもとんで行くので、いい場所知ってたら紹介してください。(笑)

にほんブログ村 青年海外協力隊 ランキング参加中!1クリックお願いします☆彡
Next
Previous
Click here for Comments

0 コメント: