ルワンダで最後のクリスマス

Last Christmas 〜 by Wham!は名曲ですね。

さて、my last Christmas in Rwanda。日本では、恋人たちのクリスマスが普通ですが、こちらルワンダでは、家族と過ごすのが一般的です。とはいっても、ツリー飾ったりとか、プレゼントを用意したりとかはあまりせず、24日に教会にいって祈って、25日は家族と共にご飯食べて過ごすのが普通みたいです。

まぁ、キガリのショッピングセンターとかにいけば、それなりにサンタクロースはいます。とっても商業的です。笑

そして私がいる北部は、アドバンティストの割合が多く、クリスマスは祝わないという人もたくさんいます。同じクリスチャンでも祝わない人もいるんだなー、と知りました。クリスチャンじゃなくても祝う人もいるのにね。いろいろですね。

今年は、ももちゃん、マッキーといっしょに、以前紹介したSorwathe(紅茶工場)のゲストハウスで過ごしました。

雨季が終わって、乾期になりつつあるこの頃。緑とお花がとても綺麗に咲いてて、うっとり。



丘の上で紅茶飲んて、まったり過ごす時間。贅沢。なんて貴重な時間なんだろう。

やっぱりルワンダって丘だらけだなーとしみじみ。最近、一つひとつの景色がとても貴重だなぁと感じています。目に焼き付けないと!となんとなく必死。笑

もう、この景色を見ることはないのかな。それとも、いつかまたルワンダに帰ってくるのかな。

この2年間、Rwandaの(とくにKigaliの)変わりっぷりはすごくて、きっと1年後には、全然違う景色になってるんだろうな。この時を大切に過ごしたい。

今年もあと残り5日。
こっちにいると、寒くないからか、年の瀬な感じが全然しませんが、みなさま、よいお年を〜
にほんブログ村 青年海外協力隊 ランキング参加中!1クリックお願いします☆彡
Next
Previous
Click here for Comments

0 コメント: