備忘録:OSの32bitと64bitの違い

ソフトをインストールするときに、32bitか64bitかを聞かれることが多くなってきたのですが、このbitの違いっていったい何なのか、備忘録。



CPUの扱える情報量が違う

一度に処理できるデータのビット幅が32bitか64bitかの違いです。つまり、64bitのほうが一度にたくさんの情報を処理できるということ。


使用できるメモリ容量が異なる

32bitだと最大で扱えるメモリの容量は4GB。それに比べて64bitだと、最大約170億GB(計算上)まで扱えます。 メモリの容量が大きいほどいろんな作業を同時にできるので、開発とかするならメモリは大きいほうがよいですね。


使えるHDD(ハードディスクドライブ)の容量が異なる

32bitだと最大2TB。64bitだとそれ以上。らしいですが、ここについては、bit以外の要因にも依存するみたいなので、一概に言えないようです。


このサイトが、とてもわかりやすく助かりました。
道すがら講堂 「第10回 Windowsの32bit/64bitの違い」

自分が使用しているOSは32bitなのか、それとも64bitなのか。知りたい人は「コントロールパネル」>「システム」で確認出来ます。
私のPCは64bitでした。これで、インストールするときに迷わないぞ!


にほんブログ村 青年海外協力隊 ランキング参加中!1クリックお願いします☆彡
Next
Previous
Click here for Comments

0 コメント: