エクセルIFERROR関数で美しくなる

エクセル関数の中でも、よくお世話になっているISERROR関数。
カッコの中の数式がエラーならTrue(エラーです)、正常ならFalse(エラーじゃないよ)を返します。

それを進化させたIFERROR関数が、EXCEL2007以降のバージョンに導入されていることに最近気がつきました!ISERROR関数にIFの要素を取り入れた関数です。カッコの中で、エラーの場合に表示させる値を設定することができます。



例えば、「数式Aがエラーの場合は、0を表示する。」とエクセルに命令してみます。

ISERRORを使うと、

=IF(ISERROR(数式A),0,数式A)

…美しくない(´△`)ハァ
同じ数式を関数の中に2度も使うなんて。

ところが、IFERROR関数を使うと、

=IFERROR(数式A,0)

わーおすっきり、Beautiful。
エクセル先生も、日々成長されているんですね。これからは、IFERROR関数でわかりやすい式を目指したいと思います。
にほんブログ村 青年海外協力隊 ランキング参加中!1クリックお願いします☆彡
Next
Previous
Click here for Comments

0 コメント: