Walk with 東北




3月11日。
今日ほど、自分の無力さを痛感する日はない。
それでも、あの日を忘れないでいることはできる。

過去を生きた人のためにも、
これからを生きる人のためにも、
そして、今を生きる私たちのためにも。

過去は消せないけど、過去から学ぶことはできる。
3年たった今でも、仮設住宅での生活を余儀なくされている方々がいる。
自分にはできないことがある。みんなで補いあいながら小さなことしかできないけれど、被災地のこれからのために、自分にできることを、途切れることなく、細く長く続けていきたいと思う。

毎日は繰り返される。けれど、一日といって同じ日はない。だからこそ、今日という日を大切に生きていきたい。

震災で亡くなられた方々に、心よりお見舞い申し上げます。
被災地の方々が幸せで満たされますように。

にほんブログ村 青年海外協力隊 ランキング参加中!1クリックお願いします☆彡
Next
Previous
Click here for Comments

0 コメント: