化粧水を自分で作る@ルワンダ

同期のルワンダ隊員から化粧水の作り方を教えてもらいました。
備忘録。



<用意するもの>
・グリセリン(ハチミツ)
⇛奥の細胞に浸透させる(らしい。)冬とかはハチミツとかでもしっとりしていいらしい。


・エタノール(アルコール)
⇛防腐剤のかわり。ウォッカとかでもOK。

・水(精製水など)
⇛未開封のミネラルウォーターを使うこと。(開封済みだと菌が入るらしい。)フローラルウォーターとか使うといいらしい。

・精油(オイル)
⇛プラスαとして。いろんな効果があるから、自分の肌にあうものを。

・ビタミンやヒアルロン酸など
⇛プラスαとして。肌に合わせて使うとよい。

<ポイント>
・器具はアルコール消毒して使うこと
・菌が繁殖しやすいので、早めに使い切ること
(50mlを1週間で使い切るくらい。)

<作り方>
50mlの場合の割合。
グリセリン:アルコール:水
5ml:5ml:40ml

①油系のものを混ぜる。
グリセリンとエタノールを混ぜる。精油を使う場合は、ここで入れる。精油は2〜5滴で十分。


②水系のものを混ぜる。
水にビタミンやヒアルロン酸など水溶性のものを溶かす。ヒアルロン酸は水に溶けにくいので、注意。

③油系と水系を混ぜ合わて完成!
①と②で作ったものを、混ぜあわせる。

以上!

簡単。お手軽。
自分の体に使うものは自分で作るっていう女子力に感動。(笑)
にほんブログ村 青年海外協力隊 ランキング参加中!1クリックお願いします☆彡
Next
Previous
Click here for Comments

0 コメント: