ルワンダとブルンジの国境にあるレストラン・ボーダーでランチを食べながら思うこと。


島国育ちだからか、陸続きの国境に憧れませんか?

ルワンダは、ウガンダ・タンザニア・ブルンジ・コンゴ民の4つの国に囲まれた内陸国です。だったら、国境に行ってみたい。

という思いに駆られて、先日ルワンダとブルンジの国境の街に行ってきました。


首都キガリからバスで30分→ブゲセラのニャマタに到着。そこからバスに乗り、更に1時間。国境へ行く道の分岐へ。

この先がボーダーだと言われて進む。

近くにいた人に、歩けるよ!近いよ!って言われたので、歩く。

30分たっても着かない。なんでやねん。近いって言ったやん。と思いつつ、もはや引き返せないので進む。

結局歩いて約1時間のところにボーダー発見!(やはり現地人からしたら1時間くらいは近いうちなのね。)

ブルンジは今、大統領選で揉めてて情勢不安と言われていて、ルワンダ国内にもブルンジの難民キャンプがあります。
でも、イミグレからはそんな感じはまったく受けず、穏やかな空気が流れてました。

イミグレにある、レストラン・ボーダーでランチを食べる。

せっかくなので、両替をしてブルンジフランで支払って、ちょっと任国外気分を味わう。
パスポートが無いので、一歩先には行けない。このゲートになんの意味があるのか。

国境ってなんなんだろうと思ったりするのです。

境界線を勝手に引いて、区別して。もとは同じ陸なのに。

そんなときは、ブルーハーツの、生まれたところや皮膚や眼の色で〜という歌を思い出すのです。

国ってなんなんだろうかね。

にほんブログ村 青年海外協力隊 ランキング参加中!1クリックお願いします☆彡
Next
Previous
Click here for Comments

0 コメント: